新宿や歌舞伎町は今でも男の性欲の全てを満たしてくれる世界一の歓楽街だと思っている!

浄化作戦は無意味だ!新宿や歌舞伎町の歓楽街は世界一!

新宿駅と言えば、今や東京都内で一番活気のある地域だ。何せJR新宿駅の搭乗者数はダントツの日本一。ありとあらゆる人々が利用する。

 

そんな新宿は男の下半身に関しても最高の街だ。歌舞伎町なんかは世界の歓楽街を見比べても間違い無く世界一である。

 

確かに一時期の様なガチでアンダーグラウンドな体験は出来なくなった。これは前の前の石原慎太郎都知事が行った大規模な歌舞伎町浄化作戦による効果とも言える。私はこの浄化作戦が良い方向に進んだのか悪い方向に進んだのかの判断は出来ない。何故なら新宿は夜の街としてでは無く、巨大経済圏としての役割も持っているからである。

 

まあ、アンダーグラウンドな性風俗産業などは規制され地下に潜りを繰り返す業界だ。

 

例え歌舞伎町からアンダーグラウンドが消えても他の街へと移動するのみである。

 

こんな状況の歌舞伎町でも、やはり不夜城としての魅力は健在である。確かに衰退した時期もあったが、確実に進化した面も持っている。例えばロボットレストランの登場だ。ご存知の方も多いと思うがロボットレストランは外国人の定番ナイトスポットとして定着した。何せ外国人は日本語が話せない。だから、キャバクラや風俗に堂々と行くのはかなり敷居が高い。そこを狙ったのがロボットレストランだと言えるだろう。

 

ストリップとアミューズメントショーを足して二で割った様なスタイルは確実に外国人のハートを掴んだ。

 

実はロボットレストランを経営しているのは、テレクラリンリンハウスや漫画喫茶マンボーを経営する森下グループと言う企業だ。上場こそ出来ないが、個人的にはオリエンタルランド辺りと同等クラスの売り上げを持っている企業だと感じている。

 

何せ全盛期のテレクラを全て吸収して今のテレクラ業界を完全に独占したのだから。更に出会いカフェとして有名なキラリもこのグループ会社が運営している。

 

とにかく、ロボットレストランの登場で歌舞伎町は息を吹き返したと思う。そして、これまたグループ企業が運営するギラギラガールズの人気も半端では無い。もはや歌舞伎町のキャバクラをも牛耳っているのだから。

 

私は今でもマニアックな所まで見る行動力があれば、歌舞伎町で体験出来ない性風俗や女絡みの遊びは存在しないのでは無いかと思う。最近ではアベノミクス効果も上がって来て景気も確実に持ち直した。

 

もしかすると、歌舞伎町は全盛期の活気を取り戻す事も十分に可能なのではとも思える。

 

私は今後数年間の歌舞伎町の動きを細かく観察して行くだろう。


TOP 人気テレクラ 基本と使い方 2ショットダイヤル 伝言ダイヤル 地域別電話番号 テレクラ体験記