テレクラの仕組みや歴史、使い方を把握しよう!

店舗型のテレクラと電話系のツーショットダイヤルの基本や使い方を比べてみます!

  • まずは店舗型のテレクラ(テレフォンクラブ)と電話を使ったテレクラ感覚のサイトを様々な面から徹底比較してみましょう。

 

利用方法やサービス開始までの手順を比較してみました。

 

店舗型のテレクラ(テレフォンクラブ) 電話系ツーショットダイヤル・伝言ダイヤル
ご利用方法
男性が利用するにはお近くのテレクラ店舗に出向く必要があります。女性が利用するには利用したいテレクラの電話番号が必要です。
サービス開始までの手順
男性は店内に入店したら店員さんにご利用の旨を伝えます。時間ごとの料金説明や基本事項を聞いたら電話機が設置してある個室に通され、ご利用開始です!女性は各テレクラ店舗の電話番号にコールし、音声ガイダンスに従って操作すればご利用開始です。
メリット
個室ならではのドキドキ感が楽しめる。インターネットやDVDが使い放題、見放題なお店もあります。店員さんによっては常連になると女性からのコールを優先的に回してくれる場合も!
デメリット
若い子には馴染みが薄く、利用している女性達の年齢層が若干高い点。利用するのに店舗まで出向かなくてはならない。
ご利用方法
男性と女性共にお手持ちの携帯電話やスマートフォン、固定電話からご利用いただけます。
サービス開始までの手順
各ツーショットダイヤルの電話番号の中からお近くのセンター電話番号にコールして音声ガイダンスに従って操作すればご利用開始です!全てのコーナーがプッシュ式で簡単に移動出来ます。
メリット
最新スマートフォンからガラケー、固定電話と幅広く対応しているので参加している女性が多い!場所や時間を問わず利用できる点。テレクラ初心者の方も伝言ダイヤルを使えば比較的容易に女性とアポが取れる。
デメリット
人気が出てきているのである程度のナンパスキルを要する点。多種多様な目的、希望を持っている女性が待機しているので初めにお互いの意思疎通を通さなくてはならない点。

 

 

参加している女性達についても比較してみます!

 

店舗型のテレクラ(テレフォンクラブ) 電話系ツーショットダイヤル・伝言ダイヤル
女性の集客方法
目だった集客は街頭でのポケットティッシュ配布。テレクラ最大手のリンリンハウスなどは店舗自体のインパクトがあり、運営暦も20年以上と知名度があるため口コミや自然に女性が利用する仕組みになっています。
登録女性達の年齢層
比較的30代や40代以上のテレクラの存在を認知している女性達が多い印象を受けます。但し、池袋や新宿、渋谷など若者が多く集まる地域のテレクラにはちらほらと若い20代の女の子のコールも鳴るようです。また利用する地域により女性達のファッションやルックスも変わってきます。
女性の集客方法
女性誌やレディースコミック、GAL系雑誌などへの大々的な広告展開。インターネットサイトのバナーなどによる拡散。利用した女性達の口コミなどでっ広がっています。
登録女性達の年齢層
基本的に番組のコンセプトにより大きく変動しますが(人妻専用ツーショットダイヤルなどは特に)店舗型のテレクラに比べて若い年代の女性が多く登録されている様です。女子大生、フリーター、OLさん、キャバクラ嬢、風俗嬢など幅広い女性層が参加しているのもネット系ツーショットダイヤルの特色でしょう。

 

テレクラやツーショットダイヤルで好みの女性を探すには!?

  • 店舗系テレクラやツーショットダイヤル・伝言ダイヤルには毎日多数の女性が参加してきます。その中から効率良くあなた好みの女の子を見つけるには、まず女の子の行動時間帯を把握しておく必要があります。これは主に職業別に女の子を分類して考えると分かりやすいです。下記に女性の年齢や職業から見た行動時間帯を記載しています。

 

  • 女子大生、専門学生(20代中心)
    学生は基本的に平日の昼間待機している事はまずありませんので要注意。平日でしたら午後17以降からが狙い目です。土日や祝日なら午前中や前日からアポのチャンスあり。

 

  • フリーター、ギャル系(20代〜)
    アルバイトや非正規雇用の女性達は、ある程度時間の自由が利く子が多いです。テレクラやツーショットダイヤルなどの利用率も高い傾向がみられますので、午前中から夜中まで満遍なく待機待ちしています。

 

  • OL、お姉さん系(20代前半から30代手前まで)
    OLさんは基本的に仕事をしていますので基本的には平日の昼間は少数です。しかし、業種によっては土日休みでない会社もありますのでゲット出来る可能性も残されています。ねらい目はやはり仕事終わりの18時過ぎからでしょうか。

 

  • 主婦、人妻系(20代後半から40代以上)
    既婚者女性のテレクラ利用率はかなり高いです。特にテレクラ世代と言われる30代後半から40代の女性達は店舗型テレクラの利用率が高いですね。ツーショットダイヤルにはセックスレスで悩む主婦、日常のマンネリに悩む女性、暇つぶしで利用する女性などが多いです。狙い目の時間帯はずばり午前中!旦那さんの出勤後がチャンスと言われています。

 

  • キャバクラ嬢、ホステス、風俗上(20代〜)
    水商売に就く女性達のテレクラやツーショットダイヤルの利用率は非常に高いです。特にツーショットダイヤルにはLINE世代の現役キャバクラ嬢の参加が目立ちます。狙い目の時間帯はずばり20時から深夜に掛けての時間帯です。

 

 

何事も基本を抑えれば上達していきます!

 

テレクラやツーショットダイヤルに関する情報は当サイトにお任せ下さい!

 

テレクラの基本記事一覧

どうせなら酒好きな女の子をナンパターゲットにするべき!

昔からテレクラ&ツーショットダイヤルを利用してナンパを繰り返し楽しんでいる私には、ある持論が存在します。その持論とは、どうせナンパするなら酒好きもしくは、お酒を良く飲む女の子を優先的にナンパターゲットとすべきという持論です。これは、たとえあなたがお酒を飲まないとしても言えることであり、ナンパするので...

≫続きを読む

完全に置き換わりつつある店舗型テレクラからツーショットダイヤルへの流れ

女が欲しがったらテレクラへダッシュしろ!バブル全盛期の男達の間ではこんなフレーズが常に飛び交っていました。セックス狂いの女達がゴロゴロしていたテレクラは間違いなく日本最大級のセックススポットでした。捕まえた女が美人だった場合は「テレ得ゲット」という言葉を叫ぶのが当時のテレクラでは一般的であり、常連男...

≫続きを読む

ニューテレクラ店舗がそろそろ出来ても良い頃だと思う

ファッション業界・自動車業界・インテリア・音楽・映画などなど、どんな世界も時代のサイクルと言うものが存在していると思う。それは長く続いている業界であればある程、そのサイクルは見事に見る事が出来る。例えばファッションだ。1970年代に流行った原色カラーのモード系のファッションなんてのは90年代に再度全...

≫続きを読む

寂れたテレクラを未だに使う理由はココにある

最近の日本人はとにかく新しい物を好む様になってきた。少し前までは、レトロや中古市場などかかなり盛り上がっていたのだが、本当に最近は流行りと最新に弱い人々ばかりだ。まあ、お金の流れからすれば中古より最新の方がお金は取れるし、そのお陰で中古が再度盛り上がる側面を持っているとので経済的は悪くない話なのたが...

≫続きを読む


TOP 人気テレクラ 基本と使い方 2ショットダイヤル 伝言ダイヤル 地域別電話番号 テレクラ体験記